| お問い合わせ | ご要望・ご意見 | 特定商取引に関する法律による表示 |
〒947-0018 新潟県小千谷市西吉谷乙493-1 【TEL】0258(83)0400 



雪椿はなぜすごいー雪椿の成分の85%はオレイン酸

◆オレイン酸の特徴
心臓病、高血圧を予防します。
善玉コレステロール(HDL)は減らさず、悪玉コレステロール(LDL)を減らすはたらきがあります。
胃酸の分泌が少なくなります。
胃もたれ・胸やけが少なくなり、胃弱・胃潰瘍などの予防・改善になります。
便秘を予防、解消します。
便秘の原因は食物繊維の不足と言われています。オレイン酸を摂取することで腸内物を柔らかくし便秘を予防・解消することができます。
他にも大腸ガンを防ぐ働きもあります。
オレイン酸は皮膚の構成物質のひとつです。
人の肌の主成分は40%がオレイン酸といわれています。
不足するとくすみ・肌荒れの原因になり、オレイン酸を摂取することで
肌にバリ・弾力を保つことができます。
血管を強め、血液循環を良くする働きがあります。
貧血防止効果や老化防止効果もあります。
過酸化脂質の発生を少なくします。
発ガンや動脈硬化にともなう心筋梗塞・脳梗塞・高血圧・糖尿病など 生活習慣病の予防・改善に役立つといわれています。


雪椿の利用方法
●いけばなの花材。茶花
●草木染の原料
●殺虫効果の利用
椿油
●特別の日や、料亭等で食用油として使用
●コールドプレス(玉しぼり)で搾油されるので、 動脈硬化・心筋梗塞・肥満の原因となるトランスス脂肪酸を含まない。
●善玉コレステロールを保ちながら悪玉コレステロールを減らすオレイン酸の含有量がオリープ油より10%程度多い。
●アトビー性皮膚炎に効果
●女性の髪油やオイルマッサージに利用
●刀剣油として利用
●搾りかすは油かすとして肥料に利用
●櫛・箸・こま・湯呑 工芸品の材料
●火花がとぱないので茶の湯の炉灰として珍重
●媒染剤として利用
●酒造用種麹づくりに利用
●陶器の釉薬として利用

農薬を使わない青苧・そば粉の完全自家生産をめざしてー食の安全安心

 食の安全安心のため、青苧を完全に農薬を使わず自家栽培することとして、小千谷市山谷地内に青苧園をつくりました。さらに、2008年からそば粉も自家生産を目指して、小千谷市山谷地内に秋そば信濃1号の試験栽培を始めています。

 





天地人ー2009年NHK隊がドラマ

新潟県出身の作家 火坂雅志著「天地人」が平成21年度NHK大河ドラマになり、魚沼が生んだ上杉家執政直江山城守兼続の物語りで青苧が上杉家財力の源と随所に紹介されています。
NHK大河ドラマ直江兼続

天地人
火坂雅志著「天地人」
のちに木綿が広まるまで、衣服の大半は絹か麻織物であった。
そのため、大消費地の京、大阪、奈良でも、青苧の需要がひじょうに高く、取引を求める商人が先を争うように越後に集まった。
 商人たちは青苧、それを織った越後上布を苧船に積込み、越前敦賀、若狭小浜の港で荷揚げをして、陸路、畿内へ運んだ。 
火坂雅志著「天地人」上巻66ページより抜粋
2009年、NHK大河ドラマになった火坂雅志著「天地人」は、上杉謙信、直江兼続、真田幸村、義をつらぬいた男たちの美しい生き様を描いた物語で、随所に「青苧」の記述がみられます。
青苧」は当時、魚沼地方(北は小千谷から南は上越国境清水峠まで、現在の魚沼コシヒカリ米の産地)の特産品で、上杉家の軍資金の資金源として、米に次ぐ役割を担い、長尾政景(六日町坂戸城主)、上杉謙信(春日山城主)、上杉景勝(政景の子)、直江山城守兼続(景勝の執政で物語の主人公)の活躍の原動力として登場します。
その後、上杉家は秀吉の国替えで会津に移封、からむし(苧麻、青苧はこの植物の皮)の栽培も会津地方へと移り、上杉鷹山で知られる山形地方へと移って行きます。山形では、からむしを青苧草と呼んだり、この葉の形を校章にしている小学校もあります。

与板町歴史民俗資料館前
直江兼続公像



「こころ」ー平成15年NHK連続テレビ小説

スタジオパーク
スタジオパーク食堂メニュー

青苧そば
平成15年度NHK連続テレビ小説「こころ」でも当組合「青苧そば」が越後小千谷健康そばとしてスタジオパークの食堂メニューに取り上げられ、土産物としても販売されました。

















Copyright (C) 2007 小千谷21企業組合 All Rights Reserved.